-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-06 00:51 | カテゴリ:魚荘
ジャンル:地域情報 テーマ:長崎
毎日暑い日が続きます、いよいよ夏本番です。

夏バテ予防には、断然うなぎ

明治初期、本明川で良質なうなぎが捕れ、諫早の名物となりました。
その文化とおいしい調理法が今も受け継がれているんです。

諫早の老舗“魚荘”はおかげさまで創業40周年。
霧島山系の自然水で育った国産(!)のうなぎ、
宮崎産の天然はちみつを使った秘伝のたれ、
江戸前仕立てのうなぎ蒲焼きは、諫早イチの絶品です。

魚荘でしか味わえない“諫早寿司”も隠れた逸品。
椎茸・かんぴょうなどを酢飯に混ぜ、うなぎ蒲焼をのせた押し寿司で、
もっちりとした食感が激ウマです。

今年の土用丑の日は7月24日(木)!
おいしいうなぎを食べて、暑い夏を乗り越えましょう☆

うなぎ


ところで、“土用丑の日=うなぎ”の習慣を作り出したのは、
うなぎ屋にキャッチコピーを頼まれた平賀源内といわれています。
この平賀源内も、長崎遊学がきっかけで有名になったとか。

発明家で文芸家で陶芸家で起業家と、マルチな才能を発揮した平賀源内、
しかも、日本で最初のコピーライターとも言われてるんですよ。
奇抜なアイデアで、現代まで続く習慣を生み出すとかって、スゴイ。

うなぎパワーで、マルチな才能が目覚めるかも!?
ウナギVer

管理人 すでにバテ気味 松永
秘密

トラックバックURL
→http://isahayagp.blog19.fc2.com/tb.php/77-89e477c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。